photo D
2010



4/24 sat.

"Control Chaos" at 落合 Soup

所謂ノイズ/インダストリアルミュージックの系譜に分類される音楽のイベント。
音楽と言うより「音」そのものを追究していると思う訳だけど、
それが結果的にそこら辺の音楽より遥かに音楽的に聴こえるのは何故だ?

トップはこのイベントの主催者でもあるLinekraft+Government Alpha
主要「楽器」であるドラム缶を電車で運んで来たという生粋の重金属ジャンク野郎だ。
素晴らしい。





二番手はPain Jerk+Grunt。
MacBookをこんな使い方する人初めて観たよ...
これまた気合いの入ったノイズだった。





お次はfrom NiigataのDiesel Guitar。
これはノイズと言うよりお経のような美しい轟音ギターだった。
聴いてるうちにだんだん彼がお坊さんに見えて来たよ。


四番目のTangerine Dream Syndicateは、
ギュウギュウ詰めの客に弾き出されて写真撮れず。









そして大トリは最近復活を遂げたGrim。
もはや狂人の音楽だ(いや、もはや音楽ですらないのかもしれん)。
彼の事を良くは知らないけど、ギリギリのところで生きている感じを受けた。
俺も殴られそうになったり割れたグラスの散らばる床に押し倒されそうになったりしながら、
なるべく彼を真正面から撮ろうとした。
...いやいや面白かったです。

そして人生はつづく...